※巻き爪の度合いについて

  • 巻き爪の軽度→足の爪を観察した際、爪の端(エッヂ部)が見えている巻き爪

  • 巻き爪の中度→足の爪を観察した際、周囲の皮膚を押し下げれば、爪の端(エッヂ)を観察できる状態

  • 巻き爪の重度→足の爪を観察した際、周囲の皮膚を押し下げても、爪の端(エッヂ部)が観察できない状態
     

・施術料金については、施術料金は、巻き爪の度数や、巻き方により異なります。上記は目安です。

・価格は予期なく変更する場合や条件によりキャンペーン価格が適用になる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください

​継続補正(維持コース)へ切り替える判断基準について下記のように設定しております。

①遺伝的要因
​巻き爪になる要因を取り除き、尚且つ根元上げをしても次々と巻いている爪が出てくる場合は「遺伝的な巻き爪」の可能性が考えられる

②巻き爪や陥入爪になる要因を取り除くことができない。
  例)激しいスポーツをする・足に合う靴を履けない・身体的要因・重度の外反母趾など

​⑶内疾患(医師の診察によるもの)